五島聡直伝「法人保険営業バイブル」

伝説の法人保険営業マン五島聡が直伝! MDRT入賞など優績者になるための情報やアドバイを発信するサイトです。仕事の仕方を変えて、本質的成功を収め、尊敬される法人保険営業マンになる思考と技術を明かします。

2015年01月

相続支援協会定例会で事案の共有

P1210405

 相続支援協会は定期的に会合を開き、事案を共有しています。お客様が相続問題を抱えて、顧問税理士がいるにもかかわらず明快な解決策を出せないままで膠着状態に陥っているケースがあります。だからこそ、私たちの出番なのです。

日本BCP協会認定インストラクター養成講座3期スタート

「中小企業を元気にし、日本を元気にし、人を幸せにする」という理念の下、「3万社の潰れない自己資本経営に貢献する」というビジョンを持つ一般社団法人日本BCP協会の上級BCP診断士・認定インストラクター養成講座第3期が始まりました。

 上級BCP診断士・認定インストラクターの役割は企業価値を向上させる戦略財務参謀であり、経営判断をする上で根拠のある戦略立案を可能にするパートナーであり、経営継続計画書の策定支援や経営継続計画書に基づく利益計画策定とPDCAサイクルとモニタリングの実施を手がける財務戦略の専門家です。

 したがって、この実践講座で育成するのは、月額15万円程度の有償コンサルティングを受注・実行できる戦略財務コンサルタントです。

 1日目のオリエンテーションでは講師を紹介しました。


P1210474

 1期生であり、すでにコンサルティングをしている本橋聡さんの授業では、これまでの経験に基づくノウハウを話してもらいました。知識があっても、受注できなければ、貢献できません。どうすれば受注できるのか。これは非常に重要なポイントです。

 受注のために本橋さんがお手伝いしていただける人脈があるのは大変心強いです。

 
P1210477


 私の授業では決算書の数字を挙げて、どこがどうよくないか、などを考えてもらいました。損益計算とキャッシュフローの違いを知ることは非常に重要です。事業継続のためにどの視点で決算書を読み解くべきか、会社を倒産させない財務貢献のあり方はどんなものなのか、その一端を理解できたことでしょう。


P1210484

 1~2期卒業生を含む約30人が参加した第3期の1日目でした。来月実施する2日目も中身の濃い授業です。日本の中小企業のために力をつけてください。

財務貢献と相続支援の実践から

P1210441

 法人保険営業は継続貢献営業であり、その核心を成すのが財務貢献です。私たち法人保険営業マンは経営者の信頼を得るためにも財務の知識を身につけ、知識を実践することが重要です。

 今回は財務貢献の具体例を2つ挙げました。それぞれの問題点を見つけ、解決策を示し、実行することで、窮地に陥っていた企業が息を吹き返した事例です。

 さらに、相続支援の具体例も2つ挙げました。

 私たち保険営業マンが必要とされる場が必ずあります。そんな場に出会ったときにすぐに貢献できるよう、しっかり学んでください。

法人保険営業初心者に手取り足取り指導する沖野教室

 
P1210422

 法人保険営業の初心者にとっても、保険営業経験の長い人にとっても、これほど役に立つ講座は日本中探してもほかにありません。私を育ててくれた沖野さんが友情出演で引き受けてくださった沖野教室は、本物の知識やノウハウが身につきます。

 写真を見てください。沖野さんのテキストです。「法人の基本ニード④と対応商品」というタイトルがついています。法人の基本ニードが少なくとも4つあるわけです。4つを言えますか? 対応商品は何があるか即答できますか。

 出席した人みんなが「知らなかったことばかりだ」などと圧倒されるのが沖野教室です。

 沖野教室が始まる前にやってきて、沖野さんに相談をする人もいます。沖野さんは面倒見のいい人なので、一生懸命に対応してくださいます。だからこそ、自信を持ってお勧めしているのです。

 沖野教室に賭けてみませんか。法人保険営業マンの人生が変わること間違いありません。


 
P1210426


 

 

保険営業マンだからこそ身につけたい真理を小林教室で

 
P1210399

 小林教室はマインドを追究します。「保険販売の知識はそこそこある。それなのに成績が今ひとつなのはなぜか。これを小林教室で学んでいます」という参加者の声があるように、マインドのあり方やコントロールの仕方を具体的に教えてくれます。

「ありがとうと言われたい、ではなく、自分からありがとうと言うことで、ありがとうが返ってくる」「ありがとうという言葉は意識して使う方がいい」など奥の深いアドバイスを聞き逃さないことです。

 さて、従来の小林教室はワークを中心にしてきましたが、途中からの参加者がついていきにくいなどの課題が出てきたので、リニューアルする予定です。お楽しみに。

法人保険営業は追い風――穂坂教室から

P1210368

 戦略法人保険営業塾の穂坂教室で、穂坂光紀税理士は「法人保険営業は追い風が吹く」と語ります。法人税減税が始まるからです。この機会をどう生かすべきか、穂坂税理士が熱く語ってくれました。

 今回は損益計算書の見方です。「損益計算書を見る経営者は大勢いますが、それだけでは足りません」

 何が足りないのか。私たち法人保険営業マンはどうすればいいのか。穂坂税理士の話を聞いてよく理解してください。


 穂坂教室は戦略法人保険営業塾の会員のみなさんは無料で参加できます。穂坂教室だけの受講(有料)も可能です。

決算書のウソを見抜く穂坂教室

P1210077

 穂坂税理士が決算書の読み方生かし方を伝授する「穂坂教室」。12月のテーマは「決算書のウソを見抜く」でした。

 決算書は正しく書くものだとみなさん思っているかもしれませんが、いろいろな事情で必ずしもそうではありません。

 しかし、プロの目を持てば見抜くことができます。

「社長、この決算書、アレですよね」
 とさりげなく言えば、「こいつはできるやつだ」と思われること間違いありません。

 決算書に隠されたウソを見抜くことで、あなたの信頼度がぐんと上がるばかりか、その会社が抱える課題が垣間見え、お役に立つ課題をつかむこともできるようになるでしょう。
五島聡が指導する法人保険営業マン向けセミナー・勉強会「戦略法人保険営業塾」
メルマガ登録はこちら
フェイスブックの友達申請
大歓迎!
プロフィール

fps510

エフピーステージ株式会社代表取締役社長。一般社団法人日本BCP協会理事長。戦略法人保険営業塾(SHE&HSC)を主宰。

1961年愛媛県生まれ。広島経済大経済学部卒。ソニー生命保険に入社2年4カ月でエグゼクティブ・ライフプランナー(ライフプランナー3,000名のトップクラス)となる=同社最短記録。

1996~1998年度MDRTトップ・オブ・ザ・テーブル。

著書に『保険料50億円を獲得する思考術』(近代セールス社)、共著に『トップ5%の営業マンだけが知っている34の方法』(大坪勇二氏共著・サンマーク出版)、『社長最後の大仕事。借金があっても事業承継』(喜多洲山氏との共著・ダイヤモンド社)などがある。

最新コメント
ギャラリー
  • 創業融資や財務コンサル報告、フェイスブックの使い方講座まで盛りだくさんの2019年11月のSHE交流会
  • 事例を踏まえて考えた戦略法人保険営業塾
  • 事例を踏まえて考えた戦略法人保険営業塾
  • 事例を踏まえて考えた戦略法人保険営業塾
  • SHE交流会記録(2019年10月)
  • SHE交流会記録(2019年10月)
  • SHE交流会記録(2019年10月)
  • SHE交流会記録(2019年10月)
  • SHE交流会記録(2019年10月)
RSS
  • ライブドアブログ